早くしなさい!

子どもに、この言葉を言わない母親は



雅子様と紀子様だけではないかと思う。



育児書の通りに育てられないって021.gif
[PR]
# by mi-suke_s | 2009-01-19 14:39 | 子育て真っ最中

違うよね

漫画『美味しんぼ』に感化されている夫。


先日も「うま味調味料を使うのは良くないよなー」と
我が家にうま味調味料がないことにご満悦。


「あなたの好きなあじ塩には、うま味調味料が10%含まれてるけど」
と指摘。

「・・・」(夫)



知らんかったんかーい。


そんなこと気にするより、あなたの好きなインスタントラーメンの方を気にせんかーい。

by髭み~すけ
[PR]
# by mi-suke_s | 2009-01-15 14:25 | 徒然に

そこまでじゃ・・・

「うちは貧乏だから、贅沢できないよ!」
と子ども達には、そう言って育ててきました。
(事実、万年金欠(>_<))

昨日、長女が夫に尋ねていました。


「私を高校まで行かせてくれる?」


言い過ぎたか・・・(^_^;)
[PR]
# by mi-suke_s | 2009-01-09 13:56 | 子育て真っ最中

こっそり再開

ここ数年、いろんなことに振り回され、気持ちも時間も余裕がなかったように思います。

ブログまで来ることも出来ず、ずっと放置・・・

少しだけ余裕が出来たので、こっそり再開してみました。

更新はゆっくりになると思いますが、記録代わりにしてみようかと思います。

(しかし、久しぶりだから新しいボタンに戸惑っているわ~)
[PR]
# by mi-suke_s | 2009-01-09 13:48 | 徒然に

代理人

a0024884_13132426.jpgGW中に観た作品。

<ストーリー>
麻薬中毒の黒人女性カイラは、ふとした弾みで赤ん坊のイザヤをゴミ捨て場に置き去りにし、見失ってしまう。我が子が死んだものと錯覚したカイラ。シカゴの病院に運ばれたその息子イザヤは、ソーシャル・ワーカーのマーガレットの看護を受けていた。イザヤを看護するうちに、マーガレットは彼を養子に迎え入れることに。数年後、麻薬中毒を克服し、すっかり更生したカイラは、自分の息子が白人家庭に引き取られていることを知る。そして、イザヤを自分の元に取り戻そうと親権奪回の裁判を起こしたカイラとマーガレットは、法廷でイザヤを巡って真っ向から対立する…。



あらすじを読んだ時には、「育ての親の圧勝でしょう」と思っていました。
産んだだけじゃ、親とは言えない。
育ててこその親。

ただ、この作品には人種問題が大きく関わっていて、そんな単純な話ではありませんでした。
日本人が圧倒的多数の環境で生活している私には、人種の違いが親子関係にも及ぼすもろもろなことがあることを初めて知りました。

そして、どちらも子どもを愛しているがゆえに、子どもの奪い合いをしていることが、切なかった。
育ての親にばかり感情移入してしまうかと思いましたが、産みの親の気持ちも理解でき、どちらも母として譲れない想いが伝わってきました。



作品中、裁判になっている時期は、奪い合っている子どものイザヤが3~4歳くらい。
ちょうど、我が家の次女と似た年齢。

(ありえないけれど)もし次女の産みの親が現れて、次女を引き取りたいと言い出したら。
絶対に手放せないし、裁判で戦うだろうな。

ただ悲しいかな、次女の年齢だと、新しい親に慣れるのも早いだろうし、たぶん私の存在なんて忘れてしまうんだろうなー



二人の母、ジェシカ・ラング、ハル・ベリーは共に素晴らしい演技で泣かせてくれました。
残念なのは、もっと裁判の場面を長く取り入れて欲しかった事と、マーガレットの実子が思春期にかかっており、養子に迎えたイザヤとの関わりやイザヤに対する想いを、もっと描いて欲しかったかな。
時間内に納めなくちゃいけないがゆえに、端折らなくてはいけない部分が若干気になりました。


それを差し引いても良品だと思います。
最後の最後まで泣かせてくれること間違いなし。
かなり泣きました・・・私。
[PR]
# by mi-suke_s | 2007-05-08 14:01 | 徒然に

こうのとりのゆりかご

いろいろな意見が出される中、『こうのとりのゆりかご』(赤ちゃんポスト)は始動が近づいています。


反対意見としては、子どもを捨てることの助長に繋がることや、安易な妊娠、性の乱れを
助長されることを心配しているようですが。


そんなことは、「風が吹けば桶屋が儲かる」です。


それより、今最優先されるべきことは「赤ちゃんの命を助ける」こと。
大人の勝手な都合により、命の存続が危ぶまれる赤ちゃんを助ける事こそ、
真っ先にすべきだと思います。

赤ちゃんポストの設置によって生まれるもろもろの心配事は、
設置ありきで議論すればよし。


これはいじめにも似ていると思う。
いじめ撲滅なんてスローガンを打ち出し、いじめを無くすためのあれこれを議論する間に、
今いじめられて苦しんでいる子どもを助けるこそ真っ先にしなくてはいけないこと。

加害者の心のケアだの、いじめはどうしたらなくなるかだの、
そんなぬるい事では遅いのです。


赤ちゃんポストが必要のない世の中なら・・・
いじめがない世の中なら・・・
確かに素晴らしいけれど、現実問題、そんなことは絵に書いた餅。
もっと現実に即した対応が必要では。



逆風も吹かれる中、「こうのとりのゆりかご」を設置された院長を
私はこれからも陰ながら応援していきます。
[PR]
# by mi-suke_s | 2007-05-04 23:24 | 徒然に

のとじま水族館

a0024884_2310940.jpg


画像を小さくする前にアップしたので、重くなってしまいました(^_^;)

表題そのまんま、『のとじま水族館』へ行ってきました。

朝7時出発で、9時には現地到着。
のとじま大橋を渡ったところで、「本日8??台目」と出ていたのにビックリ!
すでに800台位の車が能登島に行っているというこで、
水族館も混んでいるんじゃないかとドキドキ。

駐車場は少し離れたところになったものの、まだ余裕はありそうだし、
入場券売場もスムーズにいったので大丈夫かと思い、
目的であった「イルカとのふれあいショーも予約したいんですが」と言うと、
午前の部はすでに売り切れ、午後も3時半からしか空いていないとのこと。
3時半まで居ることは無理なので、諦めることに。

早めに着いたつもりだったけど、もっと早くから待機している人達が
いたようで・・・

子ども達には「イルカさんと握手できるよー」と、先に盛り上げていたので、
悪いことをしてしまいました(>_<)
いつかリベンジに来るぞと心で誓ったのでした。


それでも、『イルカの楽園』とCMで放映している、水中トンネルでそれなりに楽しめました。
大体、こういうのって、現地に行くとガッカリしちゃうことが多いんだけど、
期待薄だった分、イルカを間近で見られて感動できました。
もっとこの場に居たかったけれど、子ども達に急かされてイルカにバイバイ。

しかし、水族館に行っても、スッカリ子どもとの目線が違ってしまってるわ。
魚を見ても、カニを見ても、イカを見ても、全部「美味しそう(よだれ)」(笑)



11時半頃には子ども達も飽きてしまい、横のゴーカート乗り場に行きたいと
水族館を後にしました。
駐車場に向かうと、駐車待ちの車の列が・・・

少し移動した場所にある、公園の遊具やゴーカートで1時間ほど遊び、駐車場を出ると、
更に車の列が伸びている。

のとじま大橋を出る時にチェックすると、「本日3???台目」となっていたので、
私達の後には2000台以上の車が能登島に入ったってこと。
すごいなー能登島。
ガンバレ能登!

ボランティアに参加することはできないけれど、こうして遊びに行くことで、
ささやかに応援させてもらいます。


その後は、子ども達の無茶な意見を聞き、内灘の総合公園や恐竜公園と
公園のはしご。
これで、少しは体重が減っているかも・・・


あ、途中で寄った田鶴浜名物「竹内のみそまんじゅう」を美味しく頂戴したので、
ダメだーーー
[PR]
# by mi-suke_s | 2007-05-03 23:31 | お出かけ

ボランティアって・・・

子どもに恵まれた私が言ってはいけないことかもしれませんが、反感を覚悟であえて書きます。


赤ちゃんを望んでも恵まれない娘の為に、代理出産を自らしようとする母親の気持ちは理解できます。

もし、将来私の娘達から泣きながら頼まれたら、その時NOをキッパリと言えるか、今の段階では分からないからです。
「自分で出来ることなら・・・」と思ってしまうかもしれない。
私の年齢と子どもの年齢を考えると、まあ、無理だとは思いますが。

でも、「代理出産にボランティアを募りたい」と言い出したら、さすがに反対をするでしょう。
「それは違うだろう」と。



正直、向井高田夫婦が代理出産をした時は、「そういう選択もあるんだ」と、特に嫌悪感はありませんでした。
それは、はっきりと「お金で解決した」という明確なものがあったからだと思います。

「お金を出せば何でもありか?」と問われると違うのですが、奇麗事でごまかしてないところに、多少納得できたのかもしれません。


でも、今回は人間の欲望を満たす為の手段を、『ボランティア』という名前を使って、汚いものに蓋をしようとしている感じがして、素直に応援する気持ちになれない。
根津先生が泣きながら、「目の前で子を望んで苦しんでいる人を放ってはおけない」と訴えていたけれど、別の選択肢の道しるべを作ることもできるのではないでしょうか。


赤ちゃんポストを設置予定の病院には、すでに何十組の夫婦が里親を希望しているそうです。
子どもを望むなら、そういう選択もあるわけで、自分のDNAに囚われことはないと思うのは私だけなのかな?


「望めば何でも手に入るというものではない」ことを、我が子に諭すのも親の役目ではないでしょうか。
その辛い役目を、親だからこそしてあげなくてはいけないのでは。



代理出産をしてまでも子どもを望む気持ちは理解できても、『ボランティア募集』には、さすがにひいてしまった。
こんな私の考えは傲慢なのかな?
[PR]
# by mi-suke_s | 2007-04-13 22:45 | 徒然に

大丈夫大丈夫!

長女が冷蔵庫からジュースを飲んだ後・・・


長女「あ、お母さん、賞味期限が4月2日のジュース飲んじゃったよ」


私「お母さんはさっき賞味期限4月1日の牛乳飲んだし大丈夫だって」



なにか違ってます?(笑)
[PR]
# by mi-suke_s | 2007-04-07 22:56 | 子育て真っ最中

よくばりな私


余裕を持って仕事したい


自分のための時間が欲しい


スッキリとした家に住みたい


子どもとお出かけした


お金が欲しい




自分の無力さに凹むなー
[PR]
# by mi-suke_s | 2007-04-04 22:44 | 徒然に


女の子二人の母のどうでもいい雑文です


by mi-suke_s

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

消費期限を気にする長女
at 2010-11-26 14:10
アクリル絵の具の染み抜き
at 2010-11-15 11:40
子育て支援メッセ
at 2010-11-12 15:50
万一の時に
at 2010-05-11 11:19
そんなお年頃
at 2010-05-08 10:34

以前の記事

2010年 11月
2010年 05月
2010年 04月
more...

フォロー中のブログ

まったりcafeのらくがき帳
映画&海外ドラマが好き♪♪
主婦作家への道

カテゴリ

全体
子育て真っ最中
お出かけ
興味深々
徒然に
ピアノについて

検索

ライフログ

お気に入りビデオ

ゴースト/ニューヨークの幻(ワイド版)


ショーシャンクの空に(ワ)

お気に入りの本

高野優のミラクル育児図鑑―ベビーエイジの育児マンガ


ママはぽよぽよザウルスがお好き〈1〉子どもは怪獣だ!


ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻

お気に入りのアルバム

PEARL PIERCE

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧